2017年05月

多分最後の発表会



4月の半ば。
まさきのバレエ発表会がありました。
今年は受験生になるので
多分、最後の発表会になると思います。

もっと早く日記のように記録ブログを書きたかったのですが
尾賀商店イベントがあってバタバタしていて
落ち着いて書きたかったので今になるという・・・。

まさきがバレエを始めたのは4歳でした。
7歳まで大阪高槻市のバレエ教室に行ってました。
こちらの教室は、よくあるザ・バレエ教室のいいところは取り入れ
いらないところは排除、そして低レッスン料、低発表会費。
厳しいけど、優しい先生。
とてもいい教室でした。
ここで基礎ができてとてもよかった。
まさきもバレエが大好きでした。
が、滋賀へ引越し。
田舎なので、バレエ教室は無いかも・・・。
と思っていたのですが最初の教室をみつけました。
そう、その教室しか無いと思いました。
その教室は、ザ・バレエ教室。
???と思いながら続けていました。
が、まさきがバレエを好きになれなくなってきたのです。
その教室で何人かそんな子が出てきて
そして今の教室に出会いました。

現在の教室は、とにかくバレエを好きになってほしい。
男性の先生ですが、とにかく優しい。
いや、優しすぎる!!
しかも低レッスン料!
発表会も普通のバレエ教室発表会なんて比べものにならないぐらい低料金。
しかもしかも、バリエーションを一人ずつ踊らせていただける。
もう、考えられないことです。
楽しくバレエを!な感じなので、上手では決してなかったのですが
スポーツジムの感覚で続けられてました。
この教室をやめる人、あんまりいないし。
まさきもレッスンは部活引退後に再開するみたいです。
受験もあるのでどれくらい行けるかわからないし、
来年はどこにいるかわからないので
とりあえず、最後の発表会となりました。

最後となるだろう今年の発表会は
白鳥の湖の中の、「瀕死の白鳥」というバリエーション。
とても静かな、だから難しいバリエーションでした。
レッスンは部活や試験などでなかなか行けなくて
満足のいく練習はできなかったと思います。
実際、本番前のゲネプロも最悪だったらしく
もうアカン!ごめんな、立てなかったら・・・。
と弱気な発言してました。
が、本番はなんとかちゃんと踊ってました。
なんやかんや、本番は感動しますね。

バレエは続けたいみたいです。
そんな気持ちにさせていただいた
今のバレエの先生に感謝です。
先生自身もすごく大変なことがあったのに
変わりなく、教室の子供たちを教えていただき
本当にありがたく思っています。
上手に踊るのではなく、楽しんで踊ってね。
と教えていただき、ありがとうございます。

そうそう、この日のお花は
fleuriste petitmarcheさんで。
とても素敵な、白の衣装に映えるブーケでした。


さて、尾賀商店でのオーダー制作
がんばっております。
6月はアトリエ開放したいな~と思ってます。
またできればお知らせします。

スポンサーサイト